釣り物・ヒットルアー最新情報(2024.05.08更新)

17:00~「五目便」

ゲスト4名様で出船!例の天才少年がまた来てくれました!
今回はファミリーでの五目便!

6月という時期に相応しくめちゃくちゃに雨!ですが、
釣行を終えて帰ってくるとKinki KidsのYouTubeChannelに、

「雨のMelody」

がアップされておりました😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭


最強😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

つきましては往年の名曲の歌詞を考察してみました!

※フルの歌詞は著作権上の問題で掲載出来ないので、こちらを参照ください。
Kinki Kids「雨のMelody」歌ネット

【彼女(元)】
次の彼が出来て幸せな人。

【主人公】
壊したいくらい大事だった彼女のことを未だに色々と妄想。
彼女の次の彼のことが噂レベルで自身の耳に入っているのにもかかわらず、

≪寂しかった夜にぼくは近くにいてあげなかった≫

雨のMelody/作詞:康珍化

と、別れた原因の根本を理解しておらず、且つ「あげなかった」という謎目線に、
「そういうとこだよ?」とお声掛けしたくなる思考。

別れ際?に、

≪誰にも内緒で最後に呼び出したよね≫

雨のMelody/作詞:康珍化

という、基本的には自身の尊厳を保ちたいだけにしか見えない、自身にしかメリットがなさそうなアクションを起こし、温もりを覚えておくために彼女の頬に触れておくというなかなか凄まじい行為をしてしまう。

ある時、主人公は駅で元彼女に不意にすれ違う。
駅ですれ違うということは、近距離戦の恋愛。

しかし、

≪会わないようにしたのに≫

雨のMelody/作詞:康珍化

という発言から、
「絶対に会えることを期待している思考」が見え隠れ。

そもそも、

≪会わないようにしたのに≫

雨のMelody/作詞:康珍化

という思いが真実であれば引っ越しをオススメしたいのですが、会った瞬間に、

≪きみの香りに凍りついてたよ≫

雨のMelody/作詞:康珍化

嗅覚に刺激を受けただけで氷点下4℃以下。

駅へ行くということは、基本は何かしらの予定ありきのはず。
しかし元彼女に会った瞬間にフリージングコフィン。

そして、

≪ぼくを大人にしたのはきみさ こんなつらい孤独やさびしさで≫
≪捨てずにいたペアリング 明日森の奥に隠そう≫

雨のMelody/作詞:康珍化

上記の発言から、基本的には他責的で、そうしないと自身の中で納得いかない、腑に落ちない、プライドが許さない、何といっても次の彼がいる方に対して「つらい孤独やさびしさ」の責任を押し付けるという無敵の思考回路となっていること、
その模様を目撃されたら事件性を疑われかねない「森の奥にペアリングの片方を隠す」という行為を平然としてしまうことに何の疑いも持っていない人。

ペアリングが「ベアリング」に空目した人は釣り中毒。
恋愛にベアリングがあれば楽かもしれないですが、世の中にはベアリングを敢えて外して刺激を求めるカップルが多いように見えます。

ということで「雨のMelody」を考察をしたのですが、

メインの言葉、

≪雨はギターと涙の叫び≫

雨のMelody/作詞:康珍化

という聴覚が破壊されてるのではないかというレベルの妄想をしてしまった主人公につきまして、私は他人事とは思えず、何故かというと、私との価値観とは違えど微妙に共感できる点が、

「チー牛」

という要素を持っている者同士だから。

つきましては、歌詞部分ラストの、

≪悲しみというフレーズをひとりぼっちでかき鳴らすのさ≫
≪ぼくの空に静かに雨が降る≫

雨のMelody/作詞:康珍化

を試そうと思い、

「か(ファ)な(ファ)し(ファ)み(ファ)」というフレーズをひとりぼっちで弾いてみたのですが、

いやーーーーー降った😭

そんな雨の中、ご家族の皆様で出航!

17:00~「五目便」1

ポイントへ到着し、お父さんと少年で撃ち込んでいると、
早速少年のドラグがジィーーーーーーーー!と大爆発!

英才教育的タックルで丁寧に往なし、ばっちりランディング!
初っ端からデカい🤡👌
上がってきたのは68cmの極太夏シーバス!

17:00~「五目便」2

キャストから取り込みまで、やはりすさまじい技術🤡🔥
何も伝えてないのに海中を探って仕留める様が最高でした👌

続けて、お父さんと少年にダブルヒットで船上大興奮🔥
序盤からめっちゃ汗が出て最高😭笑

上がってきたのは65cmクラス(少年)&55cmクラス(お父さん)!

17:00~「五目便」3

いやーーーーーお見事🤡
ということで、このまま入れ食いモードの予感ではありましたが、今便は他のターゲットも!ということで、ご家族みんなでアジ&カサゴへ。

しかし!🥶

アジは反応あるもののポツ…としか上がらず、本降りになった後のカサゴは全然口を使わずこちらもポツ…という状況。
かなり暗くなったところでもう一度シーバスへ戻しランガンするものの、アタリが遠く🥶

終盤のポイントでお父さんに2ヒット!しかしフックアウト🥶というところで帰港のお時間となりました。

ご乗船の皆様、ありがとうございました!
雨のMelodyが本降りとなる中、お疲れ様でした😭

序盤の勢いが続かず申し訳なかったですが、やはり今回も天才な少年でした🤡👌
また色々な釣りに挑戦してみよー!
今年は青物も良さそうな気配なので私も楽しみです🤡🙏

また、昨年のランキングで見事1位となった記念に、YDFユニフォームのオリジナルカラーをプレゼントさせていただきました!
めっちゃ似合う😭😭😭😭😭

17:00~「五目便」4

※撮影いただいたものをお送りいただきました。ありがとうございます😭

「普段から着る」

と言ってくれておりましたが、YDFの公式LINEのQRコードが入ってるため、万が一以下のような客層の方々からYDFにLINEが来てしまった場合は毅然とした対応をしておきます🤡

17:00~「五目便」5

またのご乗船をお待ち申し上げております!

YDF佐藤

  • URLをコピーしました!
目次